タイ国際結婚離婚率

タイ国際結婚の離婚率について

厚生労働省が発表しているデータを見ると
タイ人との結婚し、離婚するケースは60%〜70%あるようです。

 

数字としてはかなり多いという印象受けます。
ちなみに、日本人同士の離婚率は30%台です。

 

では、タイ国際結婚はダメなのでしょうか!?

 

そんなことはありません。

 

確かに離婚率は高めです。
しかしながら、全員が離婚してるわけではありません。

 

本人同士の相性次第です。

 

タイ国際結婚で離婚しないための国際結婚婚活

 

離婚したくて結婚する人はいないはずです。
そもそも日本人ではなくタイ人との結婚を選んだ時点で
それなりの覚悟が無いとダメなのです。

 

●文化の違い
●食生活の違い
●価値観の違い
●言葉の壁

 

こういった誰もが想像できる課題をクリアする意思が弱い人は
そもそもタイ国際結婚に向いてません。

 

とにかく若い女性と結婚したいだけの人は結婚しても離婚する可能性高いです。

 

そういった人はタイ国際結婚は辞めましょう!!

 

どうすれば離婚しない幸せな結婚生活が送れるのか

 

●相手との性格・価値観一致
●来日前・後の徹底サポート

 

カンタンに言えばこの2点です。

 

まず、相手選びですが
見た目だけでなく、あなたの価値観に合った人を選びましょう。
そのためにも第三者の意見を聞くことです。

 

具体的には結婚相談所のプロから
あなた自身に合った人を選べるようアドバイスをもらいましょう。

 

そのためにも、トップページに紹介してるような
タイ国際結婚に精通してる業者を使うのがベストです。

 

年間に何組もタイ国際結婚を成立させてる経験があるから
具体的なアドバイスがもらえるのです。

 

来日前後のサポート

 

奥様は日本に来ることへ相当な不安があります。
その不安を和らげる努力が求められます。

 

たとえば日本語教育です。
あなたがお金を出してあげて日本語教室に通わせてあげましょう。
そんなに費用は高くありません。

 

国際結婚相談所へ聞けばよいところを紹介してくれでしょう。

 

 

とにかく言葉は早急にクリアさせたい問題です。

 

もちろん来日してからも積極的に言葉・料理・文化など
日本を知ってもらうために努力しましょう。

 

こういったことを徹底すれば、上述した離婚率とは比べものにならないくらい
低い離婚率になるはずです。

 

公表されてるデータを鵜呑みにするのではなく、
どういった理由でその数字になってるのか、よく考えてみることが大事だと思います。